BOOK

読書初心者が押さえるべき「読書の準備」【読書が苦手を抜け出す方法】

読書の準備
はるとくん
はるとくん
最近、本を読み始めたんだけど、
おすすめの読み方を教えてほしいなぁ~

 

読書はインプットが大事。

アウトプットも大事なのはもちろんですが、良質なインプットだからこそ、良質なアウトプットができます。

「じゃあどういうふうな読み方をすればいいのか?」

あなたに合う読書法を見つけることが理想ですが、巷には数多くの読書法の本が溢れています。

今回は、読書初心者にとって【最初の1冊にピッタリの本】をご紹介し、その中からまず“読書を始めるにあたって必要な準備とは何か?”をお話ししていきます。

 

こんな方におすすめ

  • これから多くの本を読んでいく!と決心した人
  • 効率的にインプットできる読書法を知りたい人
  • 読書に準備って必要なの?と疑問を持ってる人

 

 

スポンサーリンク

読書初心者にオススメの本とは?

本記事で参考にしている本は、「大人のための読書の全技術」(齋藤  孝さん  著)です。

なぜこの本を参考にしたか?その理由は以下の通りです。

 

ここがオススメ!

・著者はTV出演も多数、現在は明治大学文学部教授も務める齋藤 孝さん。

・読書する上での「準備」から、「読書法」まで分かりやすく説明されている。

・巻末に齋藤氏のオススメ本を50冊も掲載!

 

多くの雑誌や新聞などにも読書についての記事を書かれている著者だからこそ、読書初心者へも安心してオススメできます。

文学部教授だけあって言葉づかいがキレイで読みやすく、文章も重要な部分に太字を使用しているので重要な部分が分かりやすいです。

読書初心者が本を読むうえで大切にすることは【本を読みにくい】と思わないこと!

本書は文章も分かりやすく例えも多く使われているので、抵抗なくサクサク読み進めていけます。

 


楽天市場で『大人のための読書の全技術 (中経の文庫) [ 齋藤 孝 ]』を見る

 

準備①:読書の準備の大切さを理解しよう

はるとくん
はるとくん
読書を始めるのにも準備が必要なの??

 

もちろん!
読書は読み始める前の準備が全てだよ。
オモナガ
オモナガ

 

読書は、「目的を定めずただ読み進める」ほど、効率が悪いことはありません。

まず前提として、読書を始める前に、

①読書が必要な理由

②読書に必要な考え方

を理解する必要があります。

 

【①読書が必要な理由】については、当サイトの別記事をご覧いただければ分かると思います。

 

CHECK!
読書のメリットは3つ
【読書のメリット】本を読むべき3つの理由。今からでも間に合います。

続きを見る

 

続いて、【②読書するときに必要な考え方】については、以下の通り。

 

読書に必要な考え方

・人生や仕事を向上させるためには多くの本を読む必要がある。

・その本の中で「自分に本当に必要な部分」は全体の4~7%と言われている。

・すべての本を1ページずつ読む時間はなく、不要なページは飛ばす必要がある。

 

初心者の方ほど、本は最初から最後まで読まなければならないと思い込みますが、

自分が【その本から吸収したい知識】だけ見つけることができれば十分です。

その為に、「自分はその本から何を学びたいのか?」という目標設定が必要なんですね!

 

本を読み始める前には、必ず読書の目的を設定しよう!

 

本を読むためのマイルールをつくってみよう

次に、どのようにして読書を生活の中に組み込んでいくのか?を考えてみましょう。

今まで本を読む習慣がなかった人にとって、毎日継続して本を読む時間を取るのは難しいもの。

こういう時には、以前紹介しました「if-thenプランニング」を利用しましょう。

 

CHECK!
【結論】人生を簡単に変える方法はこれです※誰でも再現可能です!

続きを見る

 

「if-then プランニング」とは?

習慣化のテクニックの一つ。
「もしこうなったら、こうする」というように、事前に「いつ」「何を」やるかをはっきり決めておくこと。

例えば、「電車の中では、スマホをいじらないようにして必ず文庫本を読むようにする」「夜寝る前の30分は必ず本を読む」や、「誰かと待ち合わせをするなら必ず本屋にする」でもいいかもしれません。

いずれにせよ、読書を習慣化にするためのハードルが下がればいいので、まずはどれか1つから実践してみてください。

 

準備②:「どんな内容が書かれているか?」を理解する

準備②

 

先述の「読書に必要な考え方」において【大事な部分は全体の4~7%】【すべて読む必要はない】とあります。

読書の理解度・スピードを上げるためには、読むべきところを探して読むことが重要です。

 

step
1
目次を読んで、本の構成を把握する

step
2
目次から、自分の目的達成ができそうな章を探す

step
3
選んだ章から読み始める

 

【 今の自分に不要な部分は読まない 】という考え方が大事です。

読書効率を上げるため、これからは以下の内容を意識してみましょう。

 

本を読むときの意識を変えよう

・「自分の目的を達成できる1文に出会えたらOK」という軽い気持ちで読む。

・最初から最後まで読むという考えは捨て、おもしろくなければ途中で読むのをやめる。

・良書に出会う確率を高めるため、1冊にかける時間を減らす。

 

最初は抵抗がある考え方かもしれませんが、続けることで、より大きな成果に繋がる【読書思考】ですので、ぜひ取り組んでみてください!

 

書評を利用して、本を選ぶ

 

はるとくん
はるとくん
それでも、本選びには失敗したくないなぁ…
そういう時は、あらかじめ書評を読めばいいよ!
オモナガ
オモナガ

 

これまで時短読書のコツをご紹介してきましたが、それでもムダな時間を極力避けたい方にオススメが、あらかじめ書評を読むことです。

方法は以下の通り。

・amazonのレビュー
・新聞掲載の書評
・書評サイト

 

なお、書評サイトについてはflire(フライヤー)というサービスがオススメです。

CHECK!
フライヤー
本の要約は、書評「フライヤー」がおすすめ!【10分で本を読む裏ワザ】

続きを見る

 

書評を読むことのメリットは次の2点。

①その本から何が学べるか?が分かる。

②本読みのプロに選ばれたという安心感がある→ハズレ本の可能性が低い。

 

「何を読めばいいか分からない」「時間をムダにしたくないから、おもしろくない本は読みたくない」という方は、ぜひ書評を利用して本を選んでみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

本記事では、読書初心者がまず押さえるべき準備についてご紹介してきました。

まとめると、

読書に対する意識を変える。
読書のマイルールをつくる。
はじめに、本の概要を理解して読み始める。

 

改めて言うと、効率よく本をインプットするためには、本を読む前の準備が一番大事です。

そこをしっかりと理解した上で取り組んでもらえれば読書のハードルが格段に下がり、大量の本を効率よくインプットすることができるようになります!

ぜひ、実践してみてください。

 

 

-BOOK

© 2020 OMONAGA BLOG